防水工事の種類

陸や屋根の防水工事には主に、シート防水、FRP防水、アスファルト防水、ウレタン防水と4種類あります。

それぞれの箇所におすすめの防水加工がありますが

弊社では、陸の形状が特殊な現場に向いているウレタン防水、メンテナンス回数が少なく丈夫なアスファルト防水を得意としております。

以下で詳しくご紹介いたします。ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

ウレタン防水

ウレタンゴム系塗膜防水(ウレタン防水)は、ウレタンと呼ばれる樹脂を液体状にして塗り、防水層を形成する工法です。液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のないシームレスな防水膜を作ることが出来、見た目も綺麗です。施工方法でも特徴がございますので、ご紹介いたします。

pixta_74224031_L (1)

密着工法

密着工法は、液体ウレタン塗膜防水材を塗布します。防水層を作って水を防ぐ方法です。下地の形状によく馴染み、密着性に優れているため、既存の防水層への重ねぬりも可能です。また、防水層3ミリほどでとても軽いため、建物への負担が少ないのも特徴です。継ぎ目なく施工が可能ですので、仕上がりが綺麗で、複雑な形状のベランダなどでも施工できます。

通気緩衝工法

通気緩衝工法とは、小さな穴があいている通気緩衡シートを貼り付け、その上からポリウレタンの樹脂を一定の厚みを保ったまま均一に流し込みます。そして継ぎ目のない塗膜をつくることによって、防水層を作るものです。長年にわたって下地に浸入した水分がそのまま下地に染みこむと、雨漏りが日にあたって湿気となって出ようとし膨れという劣化症状が発生します。下地に含まれた水分をシートの穴を通り道にして、脱気装置で外部に逃がすことができます。水分を多く含んでいる可能性が高い築年数が古い建物や、ルーフバルコニー、陸屋根、マンションの屋上など面積が広い箇所におすすめの施工方法です。

アスファルト防水

アスファルト防水は、古来より使われている信頼性の高い工法で、信頼性の高い防水材料です。液状の溶解アスファルトと、アスファルトシートを組み合わせて、防水性の高くて厚みのある防水層をつくります。なんども重ねて二層以上にして、積層工法が原則です。水密性(水がもれない)、耐久性も高いので、施工の不具合が出にくいのが特徴です。

pixta_21656016_L-960x639

熱工法

アスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートを複数枚貼り付けていく工法です。アスファルトの温度が低下しながら硬化が進み、最終的に防水層として機能します。
アスファルトの持つ接着性と防水性を最大限に活かした防水です。

冷工法

熱を使う熱工法と反対に、熱を使わずに防水層を作るのが冷工法です。冷工法は、火気を使用せず、裏面にゴムアスファルトの粘着層を持った改質アスファルトルーフィングを交互に何層にも重ねて張り付けて施工していきます。火気を使わないで施工ができるため大掛かりな設備が不要になり、密集した場所や狭い場所での施工を容易にすることができました。